ワルキューレロマンツェ review

おるごぅる氏の最後のシナリオ作品ということで随分前から期待していたのに、延期続きでしたがやっと発売されましたね。

ワルキューレロマンツェ / Ricotta
playtime 12h
6.5 / 10.0

全√共通して言えることは……√固定直後の主人公の心変わりがプレイヤー置いてけぼり。
「ベグライダーになるかどうか迷っています」→√固定→「好きだ」→( ゚Д゚)

“ワルキューレロマンツェ review” の続きを読む

恋愛0キロメートル review

10月購買ゲームその2

恋愛0キロメートル / ASa Project
playtime : 9.5H
6.0 / 10

体験版をプレイして日常ノリが面白かったので購入したゲームですが、個別に入っても日常ノリが続いて楽しめました。
乃来亜の顔芸が色々ひどい。攻略対象ヒロインの顔をここまで遊んだゲームって今まであっただろうか…

“恋愛0キロメートル review” の続きを読む

World Wide Love review

ファンディスクなのでこんなものだよねーというプレイ時間です。

■World Wide Love 世界征服彼女 ファンディスク / Navel
playtime : 6.5H
4.5 / 10

Navelのファンディスクは個人的にはShuffleの時みたいに人気のあるキャラクターを掘り下げる形の方が好きかな。
「俺達に翼はない」は、王さんのテキストが読めるという点でフルプライスでも良かったけれど、これにフルプライスは少し微妙かもしれない。

■シナリオとか
攻略順は、夢子と良子は本編4人のヒロインを攻略しないと√のロックがされています。
本編シナリオで夢子は微妙だったので、最初に消化したかったのだけど…。

攻略順は、亜子→菜子→桜子→椿子→良子→夢子。
良子はサブ√的にアルメンドラEDに分岐します。
個人的には良子よりもアルメンドラEDの方が面白かった。

気になったシナリオで面白かった点といえば、菜子√では八十島が相変わらず面白い。
椿子は、主にこのFDを買おうと思った目的でもあったのだけど…。
フルプライス分の価値があったかといわれると、微妙…?
良子√では、本編でアナザー√になる感じでシナリオが進むので、それなりにテキスト量がある。
ただヒロインとしての魅力があるかどうか?と問われると少し微妙な感じ。
夢子は、本編よりもシナリオは面白く、またテキスト量もある。

というか、世界征服彼女は個別√よりも日常が面白かったのだけど、夢子√がほぼ日常メインなために面白く感じた。
しかし青山ゆかりCVの竹野理子とアルメンドラが今回は面白かったなー。

■CGとか
察してください。

■BGMとか
世界征服彼女のFDなので…同じです。

ファンディスクなので簡単レビューですけど、信者の方はどうぞ。

らぶ2 Quad review

絵買いというかサイトデザイン買いというか…。
タイトルが面白いよね、これ…。

■ らぶ2Quad / まーまれぇど
playtime : 7.5H
6.5 / 10.0

最近はぱっと見で面白そうなら体験版もせずにプレイということが増えてきてしまった…。
色々ぶっ飛んだシナリオ展開だけど、なかなか楽しめました。

“らぶ2 Quad review” の続きを読む

your diary review

今回はサクっと攻略しました。
発表時から期待していた [ your diary ] です。

■ your diary / CUBE
playtime : 12h
6.0 / 10.0

cubeのデビュー作「夏ノ雨」が好きな私としては、紺野アスタさんシナリオで第二弾ということもとても期待していたのですが…。
原画もカントクさんですしね!

“your diary review” の続きを読む

C80 委託されたCD購入してきました

なんか月日が流れるのが加速してる気がしてならない。
まだ7月のゲームもクリアできてないし…いえ、なんか天使の羽を踏まないでが面白いのだけど、中々読み進めれないという不思議な現象が…。

そういえば、きっと澄み渡る空より~も最初はあまり面白さを見出せず、チビチビとやっていたのを思い出します。
いっそ、闇色からやるべきか。

というけで購入CDの紹介とレビューを。

■LC:AZE / Timeless Freedom
http://www.lcaze.com/timeless_freedom/
勝手な感想ですけど、1曲目の「Remember」を聞いたときにKeiさんの歌い方だからなのか、[universe]を思い出させる感じがしました。

個人的に「[Dimension of Ruined]が好き。
琉姫アルナさんのダーク系の作曲は個人的に大好きです。
最初流して聞いていた時は、YUNAさんが歌われているものだとばかり思っていましたが℃ielさんでした。

そして今回の佐野しいなさんの楽曲は、得意分野に戻ってました。
私は前回の[さがしもの]の時のような楽曲を歌ってくれた方が嬉しいかなー。

今回も満足ーヽ(´ー`)ノ スキャンする人がめんどくさい用のジャケット(itunesとか用 500px)→

■TAMUSIC / FF VIOLIN II
http://tamusic.jp/?p=2253
収録楽曲は前作と同じかなーとインストを見た時点では思っていましたが、アレンジがかなり違いました。
[FF5 ビッグブリッヂの死闘 / Clash On the Big Bridge]は、何度かYouTubeで演奏動画を見たのですがやはり良いですねー。
[RS3 四魔貴族バトル1 / Four Noble Devils]も良いです。

FFのアレンジは私はやはりSFCやFC時代の楽曲が良いです。
もちろん前作のFF13 lightningも素晴らしかったのですが、最近のゲームは音源をそのままゲーム内再生できますが、SFCやFCなんかはどうしても原曲がピコピコ音だからこそ、実演層のアレンジが聞けることに魅力を感じます。

スキャンする人がめんどくさい用のジャケット→

■JUDGEMENT / みずいろ
http://www.judgement.jp/mizuiro/
ちょうど1年前だったんですねー、前作の東京メリィゴウランド。
今回は新譜がリリースされました。

前作同様、疾走感あふれる楽曲が多くアルバムを通して聞きたくなります。
もちろん他サークルさんのがアルバムもそうなのですが、JUDGEMENTさんのところは何というかメロディが違っても疾走感が続く感じとても良いんですよね。

スキャンする人がめんどくさい用のジャケット→

■Polyphonic Branch / Brilliant White Noise
http://www.polyphonicbranch.com/bwn.htm
M3の時に買った、青と赤のアルバムのサークルさんのとこだった。…と買って帰ってから気づいた。
ユリカ/花たんとちょうちょさんが参加されてるー。購入!みたいなノリだったので…
「存在証明」が好き。

スキャンする人がめんどくさい用のジャケット→

■Blackbery Recodings / AMARETTO
http://www.blackberry-rec.com/amaretto.php

今回のジャケット買い枠。
乃良狗を良く知る人だと「あぁ、キミ好きだよね、こういう絵柄」といわれそうですが、ホイホイ釣られました。あはっ!
いや、クラブミュージックアレンジってのに惹かれたんですけどね。

個人的には、INITIATIVE(恋と選挙とチョコレートOP)のアレンジに超期待したんですが、なんか想像と全然違った。Vocalはミクでやってました。
Key系のアレンジが多いのですが、やはり夏影のアレンジは良いですね。
どこのアレンジ聞いても夏影は素材が良いせいか、アレンジ後も良さを残しつつアレンジする人の趣向も出せるので聞いていて楽しいです。

スキャンする人がめんどくさい用のジャケット→

というわけで、実際に店舗で買えた物をレビューしました。
あとは通販分は届き次第書きまっする。
※CDジャケットの著作権は各音楽サークルさんに帰属するので、個人設定用にとどめて下さい。

処女と魔王とタクティクス review

6月購入分ラスト。
タクティクス要素目的に買えば楽しめる物の、アレ目的で買うとちょっとがっかりします。

■処女と魔王とタクティクス / chariot
Playtime 24H
7.5 / 10

タクティクス要素を頑張りすぎて、その他がオマケになりました感が…。
SRPGなのだけど、簡単に説明するとLvを上げて物理で殴る。

個人的にタクティクス的なゲームで唯一ハマったのがPSのFFTなわけですが、アレにグラフィック要素的な物は迫っていると思う。
ユニットは可愛いし、必殺技の演出も見てて「もういい。もう良いんだよ?」と見ててくどくならない。
とは言えど、最終的に戦闘を簡易表示にしてしまうのだけど…。

“処女と魔王とタクティクス review” の続きを読む

LOVELY×CATION review

次々消化しますよーヽ(´ー`)ノ
プチ本命でした。

■ LOVELY×CATION / 暁WORKS響SIDE
Playtime 5.5h
6.0 / 10.0

エロを目的とすると楽しめます……つまり抜きゲー側だった。(各キャラ7シーン+After Story1シーン)
個人的には色々な仕掛けが楽しそうだったので購入したのですけど……。

“LOVELY×CATION review” の続きを読む