恋がさくころ桜どき review

「ここ10年で一番秋葉原で看板が出ていた」と鳴り物入りでリリースされたぱれっと新作。
”ましろ色シンフォニー”のタッグで新作ということもあり、おるご……みなせ未来のシナリオがまた読めるというのを随分前の発表記事で読んで以来待ち望んでいました。
とはいえどゲームの評価をそれで変えるわけでもないのでいつも通りの点数です。

koisaku

恋がさくとき桜どき / ぱれっと
Playtime: 12H
6.5 / 10.0

シナリオの箇所で後述しますが、あきらかにメインキャラクターの設定間違ってる感が否めない。
オカシイ……妹とロリキャラをさしおいて……。

“恋がさくころ桜どき review”の続きを読む

IE9でHTML5 videoが表示されない

Web制作者の仇敵IE様は今日も元気に制作者の首をしめてきます。
今回は制作したサイトでIE9でだけvideoが表示されないというもの。

前提条件として先に

  1. <!DOCTYPE html>されている? Y/N
  2. IE9が互換表示されている?(F12の開発ツールで IE9 standardを確認) Y/N
  3. consoleで [ document.getElementsByTagName(“video”)[0].error.code ] を実行させて、”Unable to get value of the property ‘code’: object is null or undefined”がでることを確認できる? Y/N
  4. Networkタブで動画のファイルを読み込んでいる? Y/N

3番目で違う物が出た場合はmp4のエンコードがオカシイ場合があるので再エンコードで治る可能性があります。

そして今回は上記は全て大丈夫だけど表示されなかったっていうお話。
(動画エリアで右クリックした場合、再生等のコンテキストメニューに変わるのだけど、コントローラーが表示されない)
具体的に言うと一度ブロックを非表示にしたものを表示した場合の不具合の気がする。

今回の使用していたソース。

<video id="player1" controls="controls" preload="none" width="640" height="360">
  <source src="./movie.webm" type='video/webm; codecs="vp8, vorbis"' />
  <source src="./movie.mp4" type='video/mp4; codecs="avc1.4D401E, mp4a.40.2"' />
  <source src="./movie.ogv" type='video/ogg; codecs="theora, vorbis"' />
  Video tag not supported. Download the video <a href="./movie.webm">here.
<video>

IE9でのvideo注意点

  • preload=”auto”では、posterで指定した画像が動画で上書きされて表示されない
  • codecsの記述次第ではie9は対応していないことがある。こちら参照

治したい現象

videoタグだけを記述したTESTページでは、マウスオーバーでコントローラーが表示される。
しかし一度display:hiddenした内容の再表示(タブみたいなの)を行うとマウスオーバでコントローラーが表示されなくなる。
(この状態では右クリックのコンテキストメニューで操作は可能)

というか真っ白フェードイン動画と真っ白背景とIE9が産んだ奇跡の不具合コラボ。
もうIE滅べ。

解決方法

videoタグにposterを設定すると解決する。

<video id="player1" controls="controls" preload="none" poster="poster.gif" width="640" height="360">

この際にはpreloadは必ずnoneにしないといけないのはIE9様の仕様。
何かの助けになれば幸いデース。

Google Map API V3のdisplay:hidden

もっと良いBlog記事はいっぱいありますが、アホな私にはさっぱりわからなかった。
そして、この記事はもしかしたらいるかもしれない同レベルな方向け。
※中央ズレについて追記しました。やっぱりIE9がだめだったので追記。

Google MAP API v3にて、

<div style="width:960px; height:300px">
<!-- google map が入るよ! -->
</div>

というのを設定して、アコーディオンやらで最初は非表示(display:hidden)にしたい場合に、
GoogleMapの描画が左上1/6みたいな微妙な描画をされてしまう。

これを解決するには色々種類があるらしいですが、もうまどろっこしいのは無しで結論から。
アコーディオンの場合、ボタンをクリックする際に表示させるScriptがあると思います。


<script>
$(function(){
  $('p.btn').on('click',function(){
  //アコーディオン展開script
  });
}
</script>

ここに1行を入れます。


google.maps.event.trigger(MAPを描画しているobject配列, 'resize');

これで解決です。
私は結構これではまりましたので、備忘録としてメモメモ。

なんでもこれバグ?らしくて、
Google Mapが描写を行う前に、それを包んでいるDIVが display:Hiddenしていると描写が指定のdivサイズにならないというモノのようです。

解決方法としては、display:hidden ではなく、position: absolute, left: -99999px みたいに表示はするけど画面外が定番のようです。

今回の案件ではそれが使えなかったのでハマりましたとさ。

これだと中央ズレが治らないよ

上の方法までだとreloadによる描画エラーはなおるけれど、マーカーが中央にいかなかった…。
治す方法はこちら


google.maps.event.trigger((MAPを描画しているobject配列, 'resize');
map.setCenter(座標が格納されているオブジェクトを指定);

例えば、

var lat01 = xx.xxxxx,
lng01 = xx.xxxxx;
googleMap.center = google.maps.LatLng(lat01, lng01);

を指定しているならば、

map.setCenter(googleMap.center);

それでもIE9だけ治らないよ

結局これでもIE9だけは動作が怪しかった状況が今回です。
結局stackoverflowにかかれていた1行で回避できました。


google.maps.event.trigger(mapObj, 'resize')
mapObj.setCenter(googleMap.center);
mapObj.setZoom(mapObj.getZoom()); // 追加したstackoverflowの1行

こんな感じにするとオッケーデス!

動かない豚は何になるのか

随分と自転車に乗るのをさぼっていたような気がする。
週末の夜。土日の天気をスマホで確認しながら思った。
ネットゲームをやりはじめると引きこもりになるあたり、私は真正の引きこもり体質のような気がする。

しかし土曜日は1日医者を梯子するという楽しくもなんともないイベントをこなしてしまった。
医者との握手会など誰がしたいというのか。
でも高齢者の方は握手会的に医者へ会いに行っていると考えると、MDR47とかやればいいのに。
「みなさーん!具合悪いですかー?」
が合言葉。
大宮市内をバスで移動しながらそんなことを考え付く程度には病院に対して嫌気がさしていたので、明日は絶対自転車で遠出しようと思っていた。

天気予報通り晴れた日曜日だったが、午前中はサッカー日本代表の試合。
見逃すわけにはいかないとかじりついて応援していました。

午後から出発して、いつもの物見山周回してその後温泉にでも行こうかなっと出る前には考えていた。
だがしかし乗り出して20分くらいした頃から異変に気づく。

乗ってなさ過ぎて筋力……。

一応週2で3本ローラーを廻してはいたけれど、しかしやっぱり実走とは違う感じで速度が出づらい上に足が疲れすぎ。
途中に艦コレこ金剛サイクルジャージの人がいるなーと濁った目で見ながら物見山へ。
物見山までの道中に早い人が居たのでついて行こうと頑張ったのが、私の今日の一番頑張ったで賞。
一人で速度維持して走るのって本当にツライ。
誰かと走るとペースメーカーになるので気持ちが楽なんですよねー。
そういう意味では自転車王国ともいえる埼玉で、自転車乗るのは良いことかもしれない。

太陽が一番高い頃に物見山についたので周回開始。
1週目→12%の斜度に心がへし折れそうになるも、伊豆の時に掴んだペダリングで登りきる。
2週目→死

お察しください。
麓に降りてコンビニでアイス食べながら自分の脚見て「……ォゥ」と思った。
なんか筋肉が無さそうな脚でした。脂肪の塊的な。
これで5月に300kmやろうとしてたんだから、片腹痛いわ。

夏の宴に向けて減量兼ねて脚鍛えます……!!!

今日の。

Specializedのお爺ちゃんがごぼう抜きしていくので帰り道は、お爺ちゃんペースメーカーにして必死に走ってました。
お爺ちゃん早い!お爺ちゃん若い!お爺ちゃんカッコイイ!

最近、電車内の中吊り広告で見ていた「KIRIN BITTERS」は個人的にあまり好きじゃない。
デザインが良いんだけどグレープフルーツの苦いところを飲んでいるだけな気分になってブブー。

Re:boot

思うところがあってというわけではないのですが、TwitterよりもBlogとして何かを残していこうと思う。
例えば本の感想や何気ない日常のつぶやきにせよ。

Twitterは「つぶやき」という物ではなくなってしまっているように感じた。
理由を聞かれても感覚的な問題なのでどうこうは言えない。自分のなかでコトリと音がして変わったのがさっき読んだBlogのおかげかもしれない。
Twitter上での知り合いが飲んでいるという話から連想してたどり着いた本当に偶然の出会いだった。

連想に思い至った理由は後で書くとして、先に至った経緯の発端が「まどろむように君と」という言葉が脳裏に浮かんだせいだった。
その言葉を最初、私は何かのゲームの劇中歌だと認識していた。
全然違った。
私が好きなライトノベル「されど罪人は竜と踊る」の巻タイトルだった。

それをレビューしているBlogで思いだした。
Blogで書かれていたレビュー内容が私の思っていたことにとても近く、「うん、うん、そうだよねー良いよねー」というオタク的なシンパシーを感じてしまったので、ついつい他の記事も読みたり、トップページに移動して順に読んでいった。
やはり多くのBlogのように一度停止していたようで、最近再開したとの記事があった。
再開後の記事は過去のレビューばかりの記事ではなく日常で思った事が多く混ぜられていて、その方本来の文章の読みやすさもありとても面白いものだった。

この時点で、コトリと音がした。
上京して慌ただしくなり、アダルトADVを数をやらなくなったとはいえレビューできないほどではないのに記事を更新しない。
更新しないタイトルが増えると、心が何かに閉ざされていくような気持ちになり、結果的に今のこのBlogの状態になってしまった。
誰かに強要されているわけでもないし、何かをしなければならない理由なんてない。
Blogなんてのは日記帳でしかないのだから、ということに気づくのに随分と時間がかかってしまった。
日記より手前にあるTwitterというチラシの裏に書いて満足してしまっていたせいかもしれない。

ただやはりチラシの裏はチラシの裏だと、今こうやってBlogの記事を更新していても感じる。
Blogは私が記事を消すこともできる上に、この記事を誰かがソーシャルの海に流さなければ、極少数このBlogに流れ着いた人しか目にすることがないだろう。
それこそ本当の意味でのチラシの裏であり「つぶやき」なんじゃないだろうか。

誰かによく見られたいと思う事もなく、自分が思う事を誰に遠慮することなく書ける。
そしてもしかしたら誰かに読まれるかもしれないからと、文章をよくしようとする。
Twitterが息苦しさを少し感じる今だからこそ、Blogに回帰するのはちょうどよいんじゃないかなって思ったので再起動します。
1週間に1度くらいは更新したいね。

酩酊の話

お酒に酔うというのは、私は一つの愉しみだと思う。(あえて楽しむではなく)
ただし様々にあるシュチエーションの中でも、誰かと飲んでいる時(少数)の限定話ですけど。

普段肩肘を張らず付き合える友達がいたとして、その友達と飲みに行く。酔ってしまえば何か普段言えないこと言いづらいことがあることに気づけるんじゃないかなーってね。

だから酔わないのがカッコイイとか、そういうのって本当に誰かそこにいない人のことを考えすぎだと思うんだよね。
目の前に誰か居て、その人と何かを語り合って、合間にお酒を傾ける。
他に何が要るの?ってね。

飲む時間もある。楽しく飲める場所がある。美味しいお酒がある。そして誰か飲む友達がいる。
これだけ揃って他に何かを求めるのは贅沢でしょう。

どこか日常と違う場所にいるなら、せめてその場所にいる間くらいは普段の自分ではできないことをしたいね。
そのもっとも簡単なことがお酒に酔うことだと思う。

私は、お酒に酔えないので単純に羨ましいっていう嫉妬です(‘A`モッタイネ

適当に

いつものお遊び系壁紙。

iphone_wall2

明後日はブルベ300行ってきます(*´∀`*)

もーやってられないんだぜ!

GW初日なのに徹夜中。
やってられないんだぜ!!!

ってことで息抜きiOS壁紙。
丸戸先生×深崎先生のイラストのエロゲがやりたいですorz

冴えない彼女のエリリンで定期的に豚エナジーをチャージ!できるのはいいんだけど、やっぱりあれはラノベ向けの話だなーと思います。
もっとー砕いてエリリンの心ー!

iOSでご使用する場合は画像をクリックしてフルサイズでどうぞー。

ios_wall

ニセコイ版。

ios_nisekoi

何か

Twitch重いんだよ、ks。
っていわれるのでニコ生コミュ作りました。
メンバー配信も可能なのでご自由にご利用シテクダサイ。

Sublime text3(Mac OSX)でdefault関連の設定を変更する

備忘録としてメモがてら。
環境はMac OS X 10.9.2で行っています。

Sublime textは便利なのですが、2から3にverupして変な要素が増えた気がします。
そのもっともたるのが、[Performances]から変更できるはずであろう各種パッケージのdefault設定。
実体ファイルがないせいで変更できません(・ε・)プップクプーとかでてきて、最高にイラ壁である。

初期のKeybind的な [Default (OS X).sublime-keymap]のやり方はでてくるのだけど、他のものが出てこない。
似たようなやり方をしても上手くイカなかったのだけど、解決方法は初歩的でした。
というか気づけ!ってレベルの低さかもしれませんが、そんな人が他にもいるかもしれないのでメモ書きがてら残しておきます。

方法自体は[Default (OS X).sublime-keymap]と同じです。
同じなのだけど、実態がないファイルがどこを参照しているのかが重要です。
それを判断するのがコンソール画面のエラー。

[VIEW]→[Show Console]を開いた状態で、変更したいdefaultの設定を呼び出すと

Unable to open /Users/user/Library/Application Support/Sublime Text 3/Packages/Emmet/Emmet.sublime-settings

という感じでエラーが出る。
Pakagesの下にEmmetのフォルダがないし、見たいファイルもないよ?
と言われているので、表示されている内容をコピーして適当に保存。

その後、[Perfmance]→[Browse Packeages…]で移動した後に、対象のフォルダ(この場合は Emmet)を作成する。
そして先ほど適当に保存したファイルを入れなおすと

reloading

と出るので、一度ファイルを閉じて再度[Perfmance]で選択しなおせば、編集が可能となる。
最初から編集できるようにしとけヴォケー!