大帝国 review

寝る間も惜しんでプレイしたゲームは、随分と久しぶり。
というわけで大帝国レビュー。

■ 大帝国 / AliceSoft
Playtime 24h + α
8.5 / 10

寝る間も惜しんでやっといて、「まぁまぁかな」と評価点つけてると「おまえ…」確定だよね!

□メインシナリオとか
わけわからずにやったら [ ED4 みんなでデート ] になってしまった。
(日本国化しない、CORE暴走、ロシアがエイリスに占領された)

Aliceお得意の小さなストーリーの集合なのだけど、今回はED迎えた時に「え、これで終わり?」と思ってしまった。
どうも真EDがあるみたいで、また周回しろとのご様子。
引継ぎあるんだろうなーと、一周目で資金一杯貯めて、さぁRestart。
初期状態でした/(^o^)\

完全に初期状態なんだけどED4…。
他のEDだと特典があるっぽいけど、なーんにも無かった…。
なので、今度は帝√を目指してみます。
全然ストーリーに絡まなかったから、戦国ランスの香姫みたいに陵辱要員なのかと思ってしまった…。

好きなキャラクターは、キャロル・キリングとレーティア・アドルフが好きかな。
キャロルは1週目ではCOREに陵辱されて、助けるのが遅かったせいか精神が壊れてた(´Д`;
2週目の現在は元気に活躍してるんだけど、イーグルと仲良くなってて、あれー?感たっぷり。
ランスだと「がははは!」なんだけど、こういう時に大帝国の主人公は紳士すぎて困る。

□キングコアモード
1度クリアすると、敵で出てきたキングコアを操作する、詰め将棋的なモードが選べます。
かなり難しいので、攻略方法ぐぐったら裏技を見つけてしまって、もうそれでクリアしました。
(提督画面のSHIFT押して~というやつ…)

私の稚拙なSLG脳では、アメリカ、日本、中国、フランス、イギリス、ドイツまでしか持たなかった。
ロシアの4人+1人が高HP+高威力という配置の攻略を思いつかなかった。
囮+キングコア+2雑魚でいくと、どうしてもキングコアが遅いので囮+1匹削られる。
1匹削られるのを覚悟でキングコア+3雑魚でいくと、どうかんがえても兵が足りない。
詰んだ!と思ったので諦めて裏技使った…。

いや決して、キャロルと帝、レーティアを陵辱できたからもういいや。
と思って投げ出したわけではないんですよ!

でもどうかんがえても、スエズが鬼なような…。

一応このモード全部制覇するとEDがあります。
ED9 私達結婚しましたというのが実績で増えます。

シナリオ的には、私はこのモードは結構好きです。
Aliceのダーク色が強い話好きなんですよねぇ。
欲を言えばゲームの進行上仕方ないとしても、1回陵辱(CGあり)→2回目テキストだけ→囮として使えるようになりました。
とポインと捨てるんじゃなくて、もうちょっとこう!ほら!3,4回くらいキャロルと帝とレーティアでたのしまs(以下検閲
このモードがあるから帝って本筋であまり絡まないのか。と納得しかけた。

しかし陵辱要素が薄いんですよねー。
Aliceならではの無理やり・悲鳴・絶望感溢れるテキストを堪能したかった。
じっくりと3,4回かけて壊していく過程を希望したい。

□SLGパートのこと
難易度が高いのかどうかはわかりません。
大○○シリーズって悪次をやったくらいなので…。

よく言われるハワイが詰みというのは、空母出してごり押ししました。
最低限のラインを目指して突破みたいな。

しかし何はともあれ中盤はずーっと3国から攻められるので、結構ストレスが溜まります。
開発タイミングは5,10,15,20,25と5の倍数。
しかしお金が中々序盤は都合が付かなくて空母とか開発しても、製造できないというジレンマ。
ハニトラの「人気者」ってなんだよ。と2週目でやっと意味がわかったりと、マニュアル嫁の一言で解決できるような躓きで時間がかかりまくってました。
結局クリアしたのはTURN201。
時間がかかったので、これは引継ぎで楽になるに違いないと思ったら…!

しかし、周回するにしても何かしら楽になる要素が欲しい(開発費とか製造コストが下がるとかなんとかあるけど、元の価格覚えてないし…)
もうちょっとやってみるけれど、完全クリアは微妙かもしれない。
時間がひどくかかるので…。

□BGMとか
良いです。
The Day TakeoffはOPになってるバージョンのほうが好きかも。

□CGとか
これもAliceなのでいつも通りのクオリティですね。
前述したとおり陵辱要素はあっても、どことなく薄い気がするのはキャラが多いせいだろうか…。

周りは神採りをプレイしている方が多いのですが、私は買ってないので比較できません。
個人的には4月に発売されたゲームの中では、買っても外れではないゲームだったのではないかと思います。

Relations sister×sister. review

大帝国は時間がかかりそうなので、さくっと終わりそうな方からプレイしました。

■Relations sister×sisters. / Aile
Playtime : share root 4.5H + individual root 0.5*5 = 7h
5.5 / 10

Playtimeに書いてますが、短い…短すぎる。
個別が恐ろしく短い…。

■シナリオとか
攻略順は 静→美沙→春佳→香織→千里。

共通√が終わるまでは、静に「恋愛とかそういうの良くわからないんだ…」と、最近の流行の草食系主人公なのに、そのすぐ後に「~の事が好きなんだ」。
や、ちょいまち ( ゚д゚) あれ、そんなプール(スパ)行って水着見ただけでフラグたっちゃうの?状態。

その後告白するまでに10分くらい進めて、はい告白。
ヒロインの好感度はゲーム開始から、余裕でMAXどころか軽くBURST気味なので即OK→レッツ!コンバイン!
俺が遅い!?俺がスローリィィ!?と言いたくなるくらい置いてかれる。

ゲーム期間は大体共通後の最初の選択4/10→5/6まで。
日にちがぽーんと飛ぶ時もあれば、「昼間は学校で(」「夕方のバイトはつつがなく(」「今日は~で」と4、5クリックで終わる日もある。
この数クリックで終わる日の存在意義がわからない。
水増しなんだろうか。ひどくないか…。

このゲームは静の体験版後の展開が見たくて買ったのだけど…。
個別√に入って親密度があがっていく→双子の妹登場→お姉ちゃんに騙されるのよ。と家族仲が悪い展開を匂わせる。

ここから話が広がっていき、障害を乗り越えて付き合うんですね、わかります。

そんな心配はスピーディーに無かったことになり、その数クリック後にコンバインしてた。普通に。
あれ、あの複雑そうな家庭環境とか、どうなるの?
と思って進めてみると、4年分の家族の不協和音が電話一本で終了。

何コレ、主人公みのもんたなの?カリスマなの?

風呂敷を広げたと思ったら、すぐ畳まれました。という感じ。
なので他√シナリオにも言えるのだけど、深みも広がりも無い。
本当にそのキャラの身近の範囲でシナリオが完結してしまってる。

唯一個人的に良いなーっと思ったのは、赤城姉妹の妹√の方で妹に告白した後に姉が失恋でベッドで泣くシーンだろうか。
あと思ったのだけど、千里と春佳の電話の喧嘩って場面として入れてよかったんじゃないかなぁ。
様子がおかしい→登校拒否→春佳が実は…→電話で仲直り。

おい、またみのもんたか。好きなの?

と、終始解決方法がスピーディー。
もう少し心理描写とか書いて欲しかったなーっというオチ。

■システム的なこと
□Configとか
普通じゃないでしょうか。特に不便というわけでもないし、設定項目が多すぎるよりは良いと思います。

□BGMとか
爽やかな感じのゲームなので合ってると思います。
ただこれはシステム的な不満なのだけど、選択肢選んだ後だったり、固有シナリオなのか場面が変わった時に、BGMがぶった切られたように変わる。
これが結構気になったのですよねぇ。
クロスフェードとかで切り替わったらいいと思います。

□CGとか
この画風は珍しいというか、あまり見なかったので興味を持ったのが最初です。
なので個人的にはCGは好きです。
アレなシーンは各キャラ3回づつ。
イベントCGは少なめ。
抜きゲーか。

絵がお好みなら購入を検討されても良いかもしれませぬ(´~`;

蒼穹のソレイユ review

2/25購入ゲーム最後は「蒼穹のソレイユ」
実はとても楽しみにしてたんだけどなぁ…。

■蒼穹のソレイユ Fullmetal Eyes
Playtime : 15h
6.0/10

戦闘パートがチェス板柄のMAPの上にユニットを配置して戦わせるオーソドックスなSLG。
特定の戦闘シナリオで負けると凌辱になる。(アナザー~と付いてるシナリオ)

というわけで参考にならない駄レビュー。

“蒼穹のソレイユ review” の続きを読む

ラブラブル review

さくさく消化しました2/25購入ゲーム その2.

■ラブラブル
Playtime : 10h
6.5/10

シナリオは特に面白いわけではありません。
日常会話は面白いです、結構笑えました。
特に店長ネタや、Mobキャラの会話が面白い。
あえて順序をつけるなら、花穂>つぐみ>さつき=奈々子>千夏

定番と言えば定番ですけど、つぐみの”好きな先輩がいるので、告白の練習がしたい”という設定は、私は結構好きです。
なので2番目になってるのですけど。

最近はメインヒロインの話が面白くないと思えるのは、あまりにも王道すぎて読み飽きたせいなのだろうか…。
といってもどうみてもシナリオボリューム的に花穂がメインな気がする。
そんなのはぱっと見で分かるので、私は奈々子→千夏→さつき→つぐみ→花穂の順で攻略しました。

ご都合主義全開なので、キャラクターに魅力を感じるかどうかですね。
個人的には奈々子とつぐみのキャラクター性が好きでした。

毎月一度はこういう”だだ甘”純愛系は一本はやりたくなるんですよねぇ。癒し目的で。

で満足度で言うと、そこそこの満足感と思います。
前作の”らぶでれーしょん”がとてもツボだったので、第2弾で今回も…と期待をしましたが、前作より少しだけ劣ってるかなという感じがしました。
インパクト的な物もやはりあるのですが、変化的な要素がちょっと突然すぎたり弱かったりするんじゃないかなっと。

というのも、”らぶでれーしょん”ではメインヒロイン以外は、初期状態では主人公のことをあまり好きではない状態から始まります。
その状態から始まって恋人関係になった時に、主人公にもっと好かれたいという行動から髪をきったり、服装が変わったりするわけですが、これは実際にもありえる要素だと思うんですよね。

で、それは今回の”ラブラブル”でももちろんあります。
ただ過程が物凄く省略されているというか、いまどきのゲームにありがちな初期値から好感度がかなり高い状態。
だからだと思うのだけど、恋人同士になった後の日常会話の変化が少し弱く感じました。
一緒に通学したい。とかそういうのは、「付き合う前の状態でも思うことなんじゃないの?」ってのが、私的な意見。

悪くはないアイディアなのですけど、もう少し恋人になってからの特別なことってのを盛り込んでも良かったのではないかと思います。
とは言えど、普通の恋愛ADVみたいに共通√→個別√→主人公の股間タイラントブレイカー炸裂×n→EDというのは、なんか味気ないと思っている方には楽しめるんじゃないかと思います。
私は断然そーいう派です。

ちなみにイベントCGが少ないです。
逆にアレなシーンは花穂、つぐみ×5、加奈子×4、さつき、千里×3です。
抜 き ゲ ー か 。

しかし今月も頑張れそうですヽ(´ー`)ノ
次はソレイユやろーっと。

グリザイアの果実 review

仕事の多忙さに追われてグリザイアの果実をクリアするのに時間が掛かってしまった。

■グリザイアの果実
playtime 24h
7.5/10

某批○サイトでは大絶賛なのですが、私の評価としては”やや良作”なのではないかなーという評価です。

√は各キャラクター [ 蒔菜、天音、幸、みちる、由美子 ] の計5√
上の順番は√に入る順番に並べました。
特定の選択肢でフラグを立てていくというわけではなく、「そのキャラクターの√に入りますか?」的な選択肢で分岐するタイプ。
なので選択肢は少ないです。
√最後に、BADっぽい√かGoodに別れる選択肢があるくらい。

というわけで以下はいつもの乃良狗のとっても偏見に満ち溢れた参考にもならない評価レビュー。
“グリザイアの果実 review” の続きを読む