S-Works Road 6 Wideを買った

SPD-SLの靴を初めて買った時、それまで履いていたShimanoの紐靴から一転して世界が変わった。
安価なモデルにもBOAダイアルというネジのように巻いて締めて調整するというSpecialized Comp Roadは、ボクの自転車生活を一番支えてきてくれたと思う。
もし初めに買った靴がSpecializedでなければ、ボクはここまで身につける物をSpecializedにしなかっただろうし、そういった意味でも本当に購入店でたまたま型落ちして安くて、サイズが残っていたことに感謝したい。

そんなComp Roadだが、廉価モデルのためかヒール部分を交換することができないのは唯一の不満点だった。
(1つ上の上位モデルからはヒールが交換できた)
だがそこまですり減ることはないだろうと3年ほど使い続けた結果……見事に無くなりました\(^o^)/ 

old

別になくても困りはしません。
しませんが…流石に前にも穴があきとなると、そろそろ買い換えようかなという気持ちにもなるという物で…。

買うとしてもやはりSpecializedと決めていました。
自転車こそSpecializedではないですが、グローブは何個も買い、最近ではバーテープすらFizikから乗り換えました。
個人的にそこそこの値段を出しても良いから良い物が欲しいという方には、強くオススメできます。

そんな私でしたが、靴の買い替えに踏み切るには少し勇気が入りました。
結局今年のS-WORKS Shoes 6の評価が高かったこともありますが、一番の理由は交換可能なヒールにありました。

IMG_1736

コレ絶対間違いなくいいやつでしょう。
交換用のカカトは2000円とのことです。
予備で1つ買っておきたいです。

履き心地のレビューとなりますが、S-Works 6からカカトにカップ形成になったというレビューがよく在ると思います。
あれは何かというと、カカトをホールドするようなまるで丸いカップのような硬い整形になっています。
メリットはこれがあるために無意識に引き足が可能になります。

普通の靴をイメージして貰うとわかりやすいと思いますが、カカトの部分は歩く時に靴の中で足が上下に動きます。
それが靴ずれとしてでてカカトが痛くなるというよくある現象が発生しますよね。

S-Works 6ではこの靴ずれが起こる状態が非常に起こりづらくなっています。
まず、くるぶしあたりの素材がぴったりとひっつくようなラバー素材です。(そのため靴をずぼっと履きづらい)
そしてカップ整形のカカトでホールドされるため、意識しなくてもペダリングが上達します。
なんせペダリングが下手でも靴が勝手に合わせてくれますので。

つまりこの靴は上級者にも軽量であったりフィット感でメリットがありますが、初心者、中級者にもメリットがあるという靴なのです。
問題は価格が高いということですが、最近良いレビューで良い一文を見て購入のきっかけとなったのでご紹介します。

自転車において、一番お金をかけるべきは駆動系。つまり足は駆動力の中枢。ここでお金をケチるのはエンジンをケチるようなもの。

素晴らしい一言でした。
そしてその言葉に後押しされて買った4万オーバーの靴は、下手にコンポやら色々買うよりも遥かに効果がある投資でした。

追記: 後々履いていて、足の指が痛かったのですが爪が当たっていただけなので解決して最高の相棒となりました。

動かない豚は何になるのか

随分と自転車に乗るのをさぼっていたような気がする。
週末の夜。土日の天気をスマホで確認しながら思った。
ネットゲームをやりはじめると引きこもりになるあたり、私は真正の引きこもり体質のような気がする。

しかし土曜日は1日医者を梯子するという楽しくもなんともないイベントをこなしてしまった。
医者との握手会など誰がしたいというのか。
でも高齢者の方は握手会的に医者へ会いに行っていると考えると、MDR47とかやればいいのに。
「みなさーん!具合悪いですかー?」
が合言葉。
大宮市内をバスで移動しながらそんなことを考え付く程度には病院に対して嫌気がさしていたので、明日は絶対自転車で遠出しようと思っていた。

天気予報通り晴れた日曜日だったが、午前中はサッカー日本代表の試合。
見逃すわけにはいかないとかじりついて応援していました。

午後から出発して、いつもの物見山周回してその後温泉にでも行こうかなっと出る前には考えていた。
だがしかし乗り出して20分くらいした頃から異変に気づく。

乗ってなさ過ぎて筋力……。

一応週2で3本ローラーを廻してはいたけれど、しかしやっぱり実走とは違う感じで速度が出づらい上に足が疲れすぎ。
途中に艦コレこ金剛サイクルジャージの人がいるなーと濁った目で見ながら物見山へ。
物見山までの道中に早い人が居たのでついて行こうと頑張ったのが、私の今日の一番頑張ったで賞。
一人で速度維持して走るのって本当にツライ。
誰かと走るとペースメーカーになるので気持ちが楽なんですよねー。
そういう意味では自転車王国ともいえる埼玉で、自転車乗るのは良いことかもしれない。

太陽が一番高い頃に物見山についたので周回開始。
1週目→12%の斜度に心がへし折れそうになるも、伊豆の時に掴んだペダリングで登りきる。
2週目→死

お察しください。
麓に降りてコンビニでアイス食べながら自分の脚見て「……ォゥ」と思った。
なんか筋肉が無さそうな脚でした。脂肪の塊的な。
これで5月に300kmやろうとしてたんだから、片腹痛いわ。

夏の宴に向けて減量兼ねて脚鍛えます……!!!

今日の。

Specializedのお爺ちゃんがごぼう抜きしていくので帰り道は、お爺ちゃんペースメーカーにして必死に走ってました。
お爺ちゃん早い!お爺ちゃん若い!お爺ちゃんカッコイイ!

最近、電車内の中吊り広告で見ていた「KIRIN BITTERS」は個人的にあまり好きじゃない。
デザインが良いんだけどグレープフルーツの苦いところを飲んでいるだけな気分になってブブー。

PRO4CSサイコーデシタ

でした。でした!
ノーマルタイヤから履き替えたので、純粋に比較ができないのですがコレは初心者が最初にチョイスするには良いのではないかと思います。
(※つまり私みたいなの)

目に見えて効果を感じるのは、やっぱり上りの楽さ。
脚力が純粋に上がっているのもあるかもしれませんが……いや、それはないか。
7%未満の坂であれば、普段よりもギアを落とさずに上ることができるくらい劇的に変わります。
というわけで、ロードバイクビギナーにはちょーオススメヽ(´▽`)/

自転車ネタが続いてるので、ついでに。
ちょっと前にTwitterの方ではボソっといったのですが、GPSつきサイコンのGARMIN Edge800を買いました。
台湾直輸入で3万でした…!(国内盤は7万近い)

※カラーなので壁紙設定できるのもイイネ。痛いとかいうな(ノД`)

フリーの日本地図(OpenStreetMap:OSM)をいれて、Yahooの地図で表示を上書き。
これで完璧なソロ・サイクリング生活だわー。ヒャッフー

……
そう思っていた時期が私にもありました。
OSMはその名前の通りOpenつまり、誰もが自由に編集できる物なので、当然編集されなければ白紙です。

…はい、私の住んでる場所白紙でした/(^o^)\
別に白紙でもいいやーと思っていたのですが、何となく地図の左右を見ると、私の住んでるエリアだけ白紙。(近場のエリアは多少なりとも生成されてる)

なにこれ、イジメ?
…悔しいので編集始めました。
そして、これが思いのほか楽しい。
自分で道を作ったものが反映されるのは、なんとなく嬉しいのですヨ。
というわけで、しばらくはフラフラ自転車に乗っては地図をつくる日々になりそうです。

たまには自転車のコト

自転車関連のことも、ちょっと記事にしていこうかなーと思いまして書いてみる。
その前に7月のレビューはどうしたって突っ込みは、土日までお待ち下さいorz

先週末に週末ロングライドだぜーひゃっはー。と100kmほど走ってきました。
が、行きがけにパンクしました。しかも何の因果か針金がタイヤの中に入ってチューブを何箇所も貫通するというすごいコンボを喰らう。

実は1年以上のってても未だに一度もパンクをしてなかったのですが(乗る前に必ず空気入れる程度には気を使ってた)、とうとう?パンクをしてしまいタイヤを外してえっちらほっちら修理しました。
それまでは
「パンク修理でチューブ交換なんて甘え(キリ」
とかおもってましたが、そもそもチューブ1本500円程度なんだから持ち歩くようにしとけって話でした。
やたら時間かけて修理したものの数箇所は穴が近かったために、不完全な修理となってしまい空気が3km毎になくなるという地獄のような復路でした…。

タイヤも体重がおもーいピザ引きこもりデブがブヒィブヒィ!とか言いながら乗ってるので、かなり磨り減っていたのでチューブと一緒に交換。
どのメーカーが良いんだろうーと悩みながら、なんとなくミシュランがいいなーというノリでPRO4SC(サービスクルス)をチョイス。

“たまには自転車のコト”の続きを読む