Mac Pro 2009にSierraを入れたい

酷いよAppleさん!
という突然のサポート対象外機種になってしまったMacPro 2009にmacOS Sierraを入れたい話。

単純にその方法は他Blogで一杯でているので、コケたボクの話。
Mac Pro 2009-2010 Firmware Tool.appを使ってEFI1.5を何度もRAM DiskにしてもFWが更新されない!と状況になりました。

解決方法がよくわからなかったのだけど、原因はEl CapitanのSystem Integrity Protection (SIP)が邪魔をしていました。
ターミナルで、[csrutil status]と入力して、enableの場合はFWが上書きされません。
その場合は、次の手順で無効化します。

  1. 起動している場合は再起動して、CMD+Rでリカバリーモードの画面へ
  2. 左上メニューの[ユーティリティ]からターミナルを選択
  3. ターミナル画面で[csrutil disable]を入力   enable:有効 / disable:無効
  4. 再起動

これでSIPが無効となり、FWのUPDが可能となります。
FW UPD後はSIPを有効に戻しておしまい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です