同棲ラブラブル review

FDなのでやっぱりサクっと終わりました。
土曜日の午前中に終わっていたのに、記事が1日遅れになったのは……PSO2α2に没頭していたせいです。ごめんなさい。

■同棲ラブラブル / SMEE
Playtime : 9H
5.5 / 10.0

主人公と店長、友人たちの関係は相変わらずなのですが笑える箇所がヤヤ少なく感じたのは、やはりFDだからギャグパートに期待をしてしまっていたせいでしょうか。
お笑いって不意打ちでくるのが一番面白いのかもね。

■シナリオとか
攻略順は選択画面の右から左へ(これ人気順?) 奈々子→さつき→千夏→つぐみ→花穂。
しかしこれ、最後につぐみをもってくればよかった…。

共通はないので、各ヒロインのシナリオ詳細だけです。
ちなみに全ヒロインとも11パート+EPです。

□キャラクターシナリオの詳細
奈々子 3.5 / 5.0
展開的に主人公がかっこいいところを見せる唯一の√かもしれません。
その他はギャグも控えめというか、私は笑うところがなく終わってしまった。
EDは正史にあわせた感じなので、無印のエピローグの間に入るストーリーという感じ。

さつき 3.0 / 5.0
キャラクター声優が変わってしまったさつきですが、私は全然気になりませんでした。
元々私そこまで声を重視してないのもあるんですが…。(台詞途中でエンター押して次を読んでるから)

シナリオに関しては、こちらも笑いどころがわからず淡々と終わり。
奈々子のように主人公の見せ場があるのかと思ってたらスーっと終わってしまった。
主人公はさつきの家に同棲することになるけれど、アパートどうするんだろう。解約したんだろうか…。
バカっぷるというより、ただ頭が悪いカップルにしか見えなかった。

千夏 4.5 / 5.0
FDっていえば、なんで妹(美冬)攻略できないの?
こっそり浮気・不倫√を期待してたのは私だけなのか。

同棲ラブラブルで、一番まじめに同棲する過程が描かれている千夏√。個人的には一番面白かった気がする。
部屋選びに関しては、「なるほどねー」と思うこともあったり、家具を買い足すための買い物過程も良いです。
同棲後にある仕事の都合でゆっくりすごす予定だったのが…というのはありそうだなーということもあり、無印とは打って変わってメインヒロインらしいシナリオになっていました。
そして不動産屋(新Mob)とのやりとりが面白かった。

つぐみ 4.0 / 5.0
体験版で名前だけ登場する後輩キャラに終始嫉妬するのかと思ったら、体験版で見れる1パートだけで、新規キャラのわりにすぐいなくなってしまうという悲しい扱い。
もう少し絡めてドロドロした展開にしても良い気がするんですが…SMEEにそれを期待してもダメなんですけどね。

個人的にはラブラブルで一番好きなヒロインなのですが、今回そんなことよりも主人公の家でのゲームパートが面白すぎて他が霞んでしまった。

主人公が喋りながらゲームをプレイしている→つぐみが私と対戦しましょうと言う→23連勝(一切手を抜かない主人公)→
「しょうがないなー、じゃぁもう一戦だけだぞ?」
と空腹になったために、早く夕飯をたべようとするため空中コンボにして反撃の機会すら与えない。

「ふははは!残念!残念だよつぐみくん! このままではまた僕の圧勝が決まってしまう!!」
「先輩卑怯です!私一度も地面に着地できません!」

SMEEの主人公のこういう性格嫌いじゃありません。むしろ好きです。
EDはなんというか二人の結婚式だと思ってたら、実は…という感じでしたが、なんか一番ほっこりEDな気がしました。

花穂 2.5 / 5.0
なんというかー、今回一番残念シナリオだった気がします。
予約特典の花穂の婚姻届は子供の頃書いた物がついてたのね…。

本編でも夏穂は終わりの方はちょっと超展開だなーとおもっていたら、同棲では終始超展開のままだった。
冷静に考えて実妹とのアレは世間では背徳なのだし蔑まれる方だとおもうのだけど、何故か理解力が「仏級」なのか周囲全員受け入れ状態の違和感が何ともいえない。
色々小さな違和感が多々あり、それが累積した感じになる花穂のシナリオはギャグパートもそこまで盛り上がらず印象が薄い。
なんというかコンセプトの同棲が、無印でも初期状態からなっていたので、目新しさもないというのが大きいかもしれない。
ただバカップルを継続していくだけという感じで終わる。(最後に山場もないしね…)

■CGとか
FDなので前回と変わらず。ほぼ抜きゲーかー的なくらい日常イベントのCGが少ない。

で、ここで絶対書こうと思ってたことがひとつだけあるのです。
ヒロイン全員とベッドを共にするCGがあるのだけど(横に寝ている状態)、その時にヒロインの髪型がセットされた状態(アクセサリーがついてたり、ポニーテールのままだったり)になってるけど、それはなんか物凄い違和感ですよ?
寝る時に化粧をする人はいないし、髪を結んだまま寝る人もいないでしょう…。
そこはコダワリの髪型選択システムだとしても、共通で解いた状態でいいんじゃないかと思いました。

アレが気になって、気になって…。

■BGMとか、システムとか
前回と変わらずなので省略です。

FDなので、こんなものでしょー。という感じがしますけれど、それ以前に私はこれFD出す意味ってあったんだろうかーという感じです。
いえ、私が釣った魚にあまり興味を持たないタイプだからとかそういうのは差し引いても、1年越しなら新作を出してくれたほうが良かったのになーと思います。
直前にさつきはCV交代とかもあったので少し話題にはなってましたけれど。

SMEEの作品の面白さは、個人的には共通√の掛け合いと、ヒロイン攻略していく上でのヒロインの心理描写の変化に力を入れてるんじゃないかなーと思っていました。
シナリオは元々感動させる、話を通して面白い。という物ではなく個々に光る物を感じるという物だったので、ただラブラブだとちょっとパンチ不足のように思えました。
無印で好きなヒロインとキャッキャウフフして現実逃避したい方は買われても良いかもしれません。

“同棲ラブラブル review” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です