彼女は高天(そら)に祈らない review

時間がかかるかなーと思っていたら、そんなに掛からなかった。
公式のパッチを当てないと、クリア後のデータを引き継ぎができないのでパッチ必須です。

■彼女は高天(そら)に祈らない / Escude
playtime : 13h
6.0 / 10.0

あかときっ!をスルーしてるので、今回もスルーしようかなーと思ったのですが
(あれは主人公の性格が体験版でダメだった)
11月は他にやりたいものもないしーということで購入したのですが…。
うーん、私はここのメーカーの製品は合わないかな…。


■シナリオとか
何だろうー。シナリオがあってないような物というか、Aliceのゲームみたいにメインクエスト+サブクエスト+ヒロインクエストだからかもしれないけれど、あまり頭に入ってきませんでした。
アマテラスは明確な理由があるからわかるのだけど、ミカヅチ、ウズメ、美琴はよくわからない理由でいきなり合体してた。
最終章の個別ヒロイン√~EDまでは4人とも違う感じでストーリー展開ではあるのけれけど、それ以前は本当にアリスソフトのゲームみたいにあってないようなシナリオ展開。

□キャラクターシナリオの詳細
アマテラス 3.5 / 5.0
どう分岐してるのかわけわからないまま進めていたら、最初にたどり着いたのがアマテラスED。
冒頭で語る「逢いたかった」というのに繋がるシナリオ展開はあるものの、最後があっさり終わる。
結局、この√では何が伝えたかったんだろうーというモヤモヤした物が残るだけ。

タケミカヅチ 3.5 / 5.0
実はミカヅチがメインヒロインでした。といわれても納得はできそうなのだけど、アホの子すぎてどうして恋愛に発展したのかがわけわかめ。
タケミナカタとの絡みが多くてもいいとは思うのだけど、そこまでメインとしては絡まない。
(どちらかというウズメの最後の持って行き方を取り込んだ方がよかったよーな)
熱い展開をやろうとしてるのはわかるのだけど、何故か俯瞰して見てしまったのか大して没入できず、あ、そうですかー。という感じでラストバトル。
エピローグは割りと好きな部類。
転生して新しく始めようっていうのはいいね。

ウズメ 4.0 / 5.0
ご都合展開こんにちわ。
でもこれアマテラスからするとNTRだよね。修羅場展開がないのよね、このゲーム。
なんでないの?FDでやるの?

平和ボケした神様の博愛主義だと、こういう感じだよねーという甘い思考。
アマテラスのドSな性格との対比要因な気がする。
個人的にはウズメ√で描かれる、オオマガツカミと吉利崎の救いのない話が好きなので点数が大目。
EDは The ご都合展開。
黄泉の果実は食べたらダメなことになったはずなのに、なんでアレを良い終わりだったよね的に引合に出したのか不明。

美琴 3.5 / 5.0
よくわかりませんでした。
最近のエロゲーは、主人公がヒロインを好きになる心理状態って描かれない物が多い気がする。
顔が見えない主人公は、プレイヤーが共感しやすいようにするためーとかあるけれど、好きになるプロセスも心理描写も省くのもそのためなのだろうか。
美琴っは人間欠陥というキャラクター設定があるわけですが……そうなるとあれの行為中も結局は……。

せめてアレなシーンをエピローグで全部持っていけばよかったんじゃないかと思ってしまう。
なんか救われない。
プレイヤーの心理としても、終わり方にしても。

結論から言うと、シナリオに期待してはいけません。
一番投げようかと思ったのが、途中の主人公の心変わり。
最初に、無関係な人が寄り神に襲われてるのを見過ごせない!俺が守る!と戦闘に参加したはずなのに、寄り神たちに戦う理由があるんだ!→もう戦えない。心が折れちゃった。

誰か説明してくれ。まったく意味がわからない(‘A`
「ごめんなさい許してくださいごめんなさい許してください」という台詞が流れるのが極めつけにイラ壁マッハ。

誰かと戦えば、相手の立場側にいる人の恨みを買うのは当然で、それは当然のことじゃないのか。
そもそも無関係な人が巻き込まれてるから戦ったのに、相手にも戦う理由がある!(キリ で戦わない理由になるの…?
この転換期描写で凄まじく投げかけた。

で、その後OPY要因の胸で泣いた後に「俺にも守るものがある!(キリリ」 ←経過した日数2日
あきらかに、ダラダラ進ませるより一度転換した方がいいよね。って感じで入れられたシナリオすぎてかなり萎えた。

むしろそれなら、アマテラスにドン引きして戦いたくないと逃げ出した方が良いと思うのだけど、それも「アマテラスが悲しんじゃうから!」って理由で言わないのか流れていった。
なんというか、私は主人公にイラ壁をしてました。

■CGとか
綺麗だけど枚数が少ない気がする。
SRPG部分が多いせいだとは思うのだけど。
ちなみにSRPG部分のエフェクトはバリエーションが豊富だと思う。

■BGMとか
これは高評価したいです。
おそらくペルソナ3,4あたりを意識してるのだと思うのだけど、戦闘BGMや日常BGMに歌詞があるのは良いとおもう。

ただ、この手のADVゲームはヒロインの心理とかが変わるとすぐBGMが変わるわけですよね。
せっかく良いBGMでも、そのせいでころころと曲が変わってたので、使い方が微妙な感じがしました。
それならいっそ、そのシーンは通してそのBGMを使うという工夫をしてほしかった。
ちょっと勿体無い。
個人的には 9. Comos And Roseのアルトネコっぽい楽曲が好きでした。

■システムとか
SRPG部分の難易度は程々に良いと思います。
それなりに全滅したりで面白いとは思えました。
ただ引継ぎ5回目の美琴のラスボスは、麻痺連打されて全滅したけど。麻痺最強すぎでしょ…。

ゲームその物のシステムで不満点といえば、スキップしてるのに日にちをまたぐとスキップが止まるのが、ちょっとダメだとおもう。
何回も周回する必要があるのに、そのたびにスキップが止まって結構なストレスでした。

あとは特にないかなー。
引継ぎで俺TSUEEEEEできるので、初回プレイだけは楽しめる感じがします。
FFとかDQでLv99にしてからラスボスいくプレイスタイルの方も楽しめると思います。(引継ぎとかで)

あまり攻略記事がないので、私的な攻略方法を。

  • 禊ぎは好感度をあげたいキャラクターを選ぶ。(あとの二人はどちらか固定でも問題ない)
  • クエスト選択で選べる状態なら日数関係なく選択していく。(あまり同時攻略を考えない方が良い)
  • コノハノサクヤ以降に√確定イベント→その後個別クエストでアレなシーン回収。(アマテラス、ミカヅチ、ウズメは3つで、美琴が2つ。各+1終わり頃のシーン+九延1つ(サブヒロイン扱いなのでどこかの√で回収してもいいかも)
  • ステータスは敏捷を上げると楽な気もする(MAXの武神覚醒(ATK+DEF上昇:ミカヅチ、主人公)とか、舞神の加護(全体AGI上昇:ウズメ)、巫門遁甲(INT+AGI上昇)を覚えると戦闘が楽になる。
    タケミカヅチは攻撃力集中であげると連続剣:改を覚える。連続で5回攻撃(最大。ミスするとそこで終わる)のでとても強い。むしろアレがあれば他要らない。
  • 光玉は優先的に装備すると楽になる。(タケミナカタとの戦闘勝利で、タケミカヅチと主人公は光玉:改(ゲージ2個で開始)が使えるので、回収できるまではミナカタとの戦闘をスキップしないようにする)

総評すると1週目はそれなりに楽しめます。
がイベントを全て回収しようとしたりすると、すごくめんどくさい。
そしてシナリオが個人的に微妙という感じで作業でした…、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です