書籍レビューサイトか!

万能鑑定士Qの事件簿

BALDRどうしました?という突っ込みがきそうなのですが、甲でAnotherを時間が空いた時にチマチマやってる程度です。 しかも1時間やっては仕事してーという感じなので、まったく進まず。
クリアしたらYouTubeかこっそりニコ動にUpします。
たぶんタグとか付けずにそのまま。

と、そんな話題はさっておきー、Blogが前回の更新からだいぶ空いてしまいました。
すみません…。
ゲームする暇がないので、Twitterをつぶやきはすれども、Blogの更新までという感じだったので…!

とはいえど、また面白い本があるのでご紹介しようかと。

万能鑑定士Qの事件簿
著: 松岡  圭祐

二次元イラストの表紙で、ライトノベルしか読まない人を取り込もう計画な表紙ですか。
クククク…ククッ…悔しいが効果は抜群だ。

「面白くて知恵のつく、人が死なないミステリー」という帯の謳い文句に偽りはありませんでした。
私個人の趣向としては、こういうミステリーの小説はかなり好きです。
赤川次郎の三毛猫ホームズは全巻買いあさって読んでましたし。

万能鑑定士Qの事件簿1では、とにかく時系列が前後したような感じに章区切りで話が展開します。

週刊角川の記者の小笠原は、都内のいたるところに無秩序で貼られている通称”力士シール”の記事を書くために、シールの鑑定を万能鑑定士Q(屋号)の凜田莉子に依頼します。
事件はそこから始まるのですが、何故か章の途中途中に、ハイパーインフレ化し貨幣経済が破綻した日本の情景が描かれます。
大根1本6000円。JR1区間9000円という円に価値がない日本。
どうして日本はハイパーインフレ化してしまったのか、”力士シール”は一体誰が何の目的で都内で貼られているのか。
高校時代は知恵遅れとも言えるくらい頭が悪かった莉子は、一体どうやって万能鑑定士といわれるほどまで頭が良くなったのか。
そして、莉子の機転を得て未然に防いだ強盗事件は、大きな事件を引き起こす始まりのトリガーに…。

1巻では、1つの事件を解決したかに見えて、それが日本を未曾有のハイパーインフレを起こす切欠にしてしまう。という終わり方をしてしまいます。
2巻とセットでご購入ください。とってもモヤモヤします。

ミステリーとして謎が気になるので、読むのが止まらなくなりました。
また等身大の登場キャラクターたちもとても魅力的です。
ラノベのような魅力的さではなく、物語の登場人物として魅力的という意味になります。
ラノベの場合は、ばっさり切ってしまえば「キャラクターの魅力を最大限に伝える話の展開」という物が多いですが、万能鑑定士Qでは「あくまで物語がメイン。花を添える登場人物」という感じです。

とてもオススメできる文庫シリーズだと思います。
気になった方は是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です