うそつきパラドクス

うそつきパラドクス

なんだか最近レビューばっかりな気がします。
というわけで、今回は「うそつきパラドクス」。

私自身はあまり漫画を買いません。
っていうのは、サイドナビゲーションに表示してあるブクログを見るとわかるのですが、ひさしぶりに買いたいと思った漫画に出合ったので既刊を全部購入。

あらすじを簡単に。
主人公が同期の女の子を好き。
その彼女には名古屋に彼氏がいる。
恋人ごっこをしていくうちに気持ちを隠せなくなる。

とまぁよくある泥沼的浮気の話。
エロ描写が多いです。
そんなことよりもっと心理描写してほしいというのは個人的な希望。

しかし良いです。
胸がモヤモヤとするこの浮気の気持ちは、私は何度か体験してるので良く分かるというか…思い出す物が多くて…!
是非TKさんにも読んでもらいたい。超オススメ。

わりとBlogでも何度か書いた気はしますが、誰かを好きになる場合、当然誰かも同じ人を好きな可能性は高くて、選ばれなかった人は当然涙を飲む。
私はその涙を流す側の心理描写を見るのが何より好きです。
そういった気持ちは嘘がない気がするんですよねー。

学園で目立つ美少女がいて、主人公が付き合う。
でもその子を好きな男の人は多くいるのに、嫉妬だけの描写しかない。
でもそんなわけがないんですよねー。
その子が自分がしたかったことを別の誰かとしているってのは、身を焦がすほど悔しい物だと思うのですよ。

まぁそういった描写が多いのがこの「うそつきパラドクス」です。
たまにはこういった漫画も読んでみては如何なものでしょうかー(-`*

しかし年末年始でBlogをいじろうかと思ってますが、できるかなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です